地域とともにある学校づくり

 やまぐち型地域連携教育のめざすもの 

 

 子どもの成長にとって学校教育に期待されるものは大きいですが、学校だけが学びの場ではありません。子どもの豊かな発達のためには学校・家庭・地域などの子どもを取り巻く様々な社会環境に支えられて成長しています。地域にはヒト・コト・モノという人生経験豊かな人財や、多くの人が関わる行事、豊かな自然環境、文化財など本物ならではの教育資源にあふれています。県全体で推進している「やまぐち型地域連携教育」は、そのような地域を学びのエリアとし、学校・家庭・地域が連携して次代を担う子どもの育成をめざすものです。


 具体的には


○コミュニティ・スクール指定:学校運営協議会を核として地域人材が学校運営に参画し、

               学校の課題解決に向けた合意形成の場
○地域協育ネット:地域の様々な団体や支援者が連携して子どもの育ちに関わる仕組

 

 この2つを柱として 学校運営・学校支援・地域貢献という視点から様々な取組を推進していきます。学校と地域の連携がスムーズにできるためには、学校と地域のニーズがWIN=WINの関係であることが大切で、その調整を地域コーディネーターと学校担当者で調整していきます。
 学校を拠点としたこれらの取組は、子どもの発達支援であると同時に、子どもを縁として、世代間をつなぐ地域づくりの役目も期待されています。